背景

 

 ユビキタス情報社会とは、人類社会を形成するあらゆる分野や場面において、情報技術により生み出されたデジタル情報を活用し、人間生活の質の向上に資する社会である。ユビキタス情報社会への取り組みは、21世紀における国家的課題の一つであり、現在日本政府が推進するe-Japan戦略の次に位置づけらようともしている。従って、この動きを先導することは重要な学術課題というだけでなく、社会的にも強く要請されている。東京大学は、この要請に応え、知的分野のリーダシップを発揮すべき大学の社会的使命を果たしたい。

また、ユビキタスは、計算機科学において、我が国から世界にむけてオリジナルアイデアを提案した数少ないものの一つである。しかも産業的にも優位性があり、世界に対して先導的に本分野を研究することは、世界への貢献という観点でも、また国内の産業的基盤強化という観点からも極めて重要である。

更に、こうした総合的な課題を担うのは、我が国の中では東京大学のような総合大学、かつ大学院情報学環のような学際的組織が最適であると考える。

 

 

 
 

 
           
 
Copyright (c) 2004 - 2008 東京大学21世紀COE 次世代ユビキタス情報社会基盤の形成