目的

 

 そこで、東京大学大学院情報学環は、成熟した情報社会の21世紀型の究極形である、このユビキタス情報社会を先導することを目的として、概念形成や基礎理論、工学的技術や社会応用にわたり、情報学を核として計算機科学や認知科学、社会情報学、経済学、法学、社会学、歴史学、文化研究を融合した幅広い学際研究を推進する世界最高水準の研究・教育拠点を形成することを目的として、「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」という研究拠点を確立する。

本研究拠点は、文部科学省21世紀COEプログラムによる支援をうけ、平成16年度より5年間で、以下の目標を達成する。

  • ユビキタス情報技術基盤の研究を推進し、ユビキタス情報社会を構成する多様で膨大な情報の統御技術の確立、社会に遍在する情報環境の構築技術の確立する。それによって、我が国のIT産業の基盤技術強化に多大な貢献を行いたい。
  • 今後のユビキタス情報社会に向けた、情報社会学的分析、法学的観点や経済学的観点からの社会制度改革や政策提言を行う。
  • 情報学を基盤とした高度なユビキタス情報ベースを構築・運用する。このユビキタス情報ベースは、世界中の様々な組織のデータベースやアーカイブを先導し、世界的なリーダーシップを発揮する。
  • 今後必要とされる学際的素養を持った技術者、研究者等を多数輩出し、新しい学術創造の基盤を人材育成を行なう。

 

 

 
 

 
           
 
Copyright (c) 2004 - 2008 東京大学21世紀COE 次世代ユビキタス情報社会基盤の形成