概要

 

 東京大学大学院情報学環が推進する21世紀COEプログラム「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」は、情報通信環境が人類社会のすみずみまでゆきわたった21世紀型のユビキタス情報社会・経済を先導することを目的として、情報科学や情報工学、社会基礎理論、経済学、法学を融合した学際研究を推進する世界最高水準の研究・教育拠点を形成する。ユビキタスは日本が世界に先駆けて提唱した情報学の革新的な分野であり、今日の世界の情報通信分野の研究開発だけでなく産業界をも先導する考え方となっている。しかも本拠点のような社会全体を俯瞰したユビキタス情報分野の学際研究は世界的に例がなくユニークであると考えている。

本プログラムを通して、社会に遍在する膨大な情報の統御技術やユビキタス型情報環境の構築技術、RFID等の電子タグ技術等を確立し、その成果を国内のIT産業の基盤強化に資する。更に、情報社会学や法学、経済学的観点から、ユビキタス情報社会への転換にむけた社会制度改革や政策提言を実施する。

推進体制として、全学的バックアップの下で拠点リーダーを中心とした一貫した研究教育体制をとり、世界最高水準の研究を担う若手研究者を育成、国内外特にアジアの大学・産業界との密な共同研究の実施、学術論文による成果に加え特許・デジタルコンテンツの知的財産の形成を積極的に推進する。

 

 

 
 

 
           
 
Copyright (c) 2004 - 2008 東京大学21世紀COE 次世代ユビキタス情報社会基盤の形成